right |CSSリファレンス

CSSの基本書式(セレクタ・プロパティ・値)


[ right ]

 

ボックスを配置する場合の、右からの配置位置(距離)を指定するプロパティ。
基準位置の右端から配置するボックスの右端までの距離。 

このプロパティを設定するには、「position」プロパティを併用して、 配置方法(基準位置)を設定する必要があります。ただし、「position」プロパティの値がstatic以外のときに有効。


■値
auto
自動的に調整されます。これが初期値です。

数値に単位をつけて指定
数値にpxやemやexなどの単位をつけて指定します。pxとは1ピクセルを1とする単位で、実際に表示されるサイズは72dpiや96dpiといったモニタの解像度により変化します。

%で指定
基準となる親ボックスの幅・高さに対する割合を%値で指定します。


■使用例/CSS

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。
div.sample {width:150px; height:150px; position:relative;}
span.sample1 {position:absolute; top:10px; left:10px;}
span.sample2 {position:absolute; bottom:10px; right:10px;}
HTMLソース
<html>
<head>
<link rel="stylesheet" href="sample.css" type="text/css">
</head>
<body>
<div class="sample"><img src="images/kaeru.gif" alt="イメージ" width="200" height="150">
<span class="sample1">雨だから</span>
<span class="sample2">かえる</span>
</div>
</body>
</html>

 

■見本:↓↓↓ブラウザ上での表示

緑の日 Save our earth

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする