CSSでテーブルの背景色を交互に変える方法

今さらですが…
CSSだけで表の背景色を交互に変える方法の覚え書き。
※IE8以下のブラウザには対応していません。
でも、マイクロソフトはIE8のサポートを終了したので、これからはどんどん使えそうです。(ようやく。。。)

nth-child疑似クラスを使う

行ごとに色を変える

↓ サンプル

1行目左 1行目右
2行目左 2行目右
3行目左 3行目右
4行目左 4行目右

↓ CSS

.t-gyo tr:nth-child(odd) td {  
  background-color: #EAF6FD;  
}
.t-gyo tr:nth-child(even) td {  
  background-color: #EFEFEF;  
}  

tr:nth-child(even)または、tr:nth-child(2n)偶数行の背景色を一気に設定できます。
tr:nth-child(odd)または、tr:nth-child(2n+1)奇数行の背景色
【ポイント】(odd)を記入すると奇数に対して、(even)を記述すると偶数に対して指定することができます。
tr:first-childth:first-child見出し(th)の背景色を設定できます。

↓ HTML

<table class="t-gyo">
  <tr>
    <td>1行目左</td>
    <td>1行目右</td>
  </hr>
  <tr>
    <td>2行目左</td>
    <td>2行目右</td>
  </hr>
  <tr>
    <td>3行目左</td>
    <td>3行目右</td>
  </hr>
  <tr>
    <td>4行目左</td>
    <td>4行目右</td>
  </hr>
</table>

※tableタグのclassに“t-gyo”を入れたテーブルのみ背景色がつく

列ごとに色を変える

↓ サンプル

1行目左 2行目右 3行目左 4行目右
1行目左 2行目右 3行目左 4行目右
1行目左 2行目右 3行目左 4行目右
1行目左 2行目右 3行目左 4行目右

↓ CSS

.t-tate td:nth-child(odd) {
    background:#EAF6FD;
}
.t-tate td:nth-child(even) {
    background:#EFEFEF;
}

CSSの「tr」を「td」に変えるだけで、列の背景色を一気に設定できる。

↓ HTML

<table class="t-tate">
  <tr>
    <td>1列目</td>
    <td>2列目</td>
    <td>3列目</td>
    <td>4列目</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>1列目</td>
    <td>2列目</td>
    <td>3列目</td>
    <td>4列目</td>
  </tr>
</table>

nth-child疑似クラスについて

「n」というのは倍数を指定するときに使用。「:nth-child(1)」と記述すれば1番目(先頭)を、「:nth-last-child(1)」と記述すれば最後の1つを装飾できます。値には1以上の整数なら何でも指定できますので、「:nth-last-child(2)」と記述すれば「最後から2番目だけ」を装飾できます。

例)

先頭から3つ(1,2,3番目)だけ

:nth-child(-n+3)

*「-n」=マイナス記号の記述を忘れないよう注意

1番目(先頭) :nth-child(1)
7番目以降(7,8,9,番目)を対象に :nth-child(n+7)
末尾から3つだけ :nth-last-child(-n+3)
末尾から4つ目以前 :nth-last-child(n+4)
最後の1つだけ :nth-last-child(1)
最後から2番目だけ :nth-last-child(2)
偶数番目(2,4,6……番目) :nth-child(2)
奇数番目(1,3,5……番目) :nth-child(2n+1)
3の倍数(3,6,9……) :nth-child(3n)
1から始めて3つおき :nth-child(3n+1)
2から始めて3つおき :nth-child(3n+2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする