WordPress4.7.3★子テーマの作り方(Twenty Seventeen の場合)

Wordpress

 

子テーマは、少なくとも 1つのディレクトリ(子テーマディレクトリ)と、2つのファイル(style.css と functions.php) から構成されます。以下を作成する必要があります。

 子テーマディレクトリ
  style.css
  functions.php

 

(1)子テーマディレクトリの作成。

wp-content/themes ディレクトリ下に作成します。

子テーマディレクトリの名前は自由につけても構いませんが、親テーマがある場合は最後に ‘-child’ を付けておくとわかりやすいです。また、子テーマディレクトリの名前には空白を含めないこと。エラーが発生します。 


(2)子テーマのスタイルシート (style.css) の作成。

スタイルシートは次のスタイルシートヘッダで始める必要があります。
 WordPress に「テーマ」として識別させ、有効なテーマとして他のインストール済みテーマとともに「管理画面 > 外観 > テーマ」画面に表示させるために必要なものです。

/*
 Theme Name:   Twenty Fifteen Child
 Theme URI:    http://example.com/twenty-fifteen-child/
 Description:  Twenty Fifteen Child Theme
 Author:       John Doe
 Author URI:   http://example.com
 Template:     twentyfifteen
 Version:      1.0.0
 License:      GNU General Public License v2 or later
 License URI:  http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
 Tags:         light, dark, two-columns, right-sidebar, responsive-layout, accessibility-ready
 Text Domain:  twenty-fifteen-child
*/

 

内容の詳細は下記の通り。
よくわからないところは空白にして作業を進めましたが、子テーマとして認識してくれています。

/*
Theme Name: 子テーマの名称
Theme URI: 子テーマフォルダのある場所
Description: テーマ詳細
Author: 制作者名
Author URI: 制作者のアドレス(あれば) 
Template: 親テーマのディレクトリ名←これは必須!!正確に!
Version: 1.0.0←自分で更新数がわかるようにしておくと便利
License: 
License URI: 
Tags:テーマの特徴をタグ (Tags) として指定することで、管理画面の「テーマのインストール」の特徴フィルターを使った検索に反映されます。
使用可能なタグのリストはテーマディレクトリ /enの「feature Filter」の検索項目 をご覧ください。
Text Domain: 

*/

 

(3)functions.phpの作成

「functions.php」を作成して、スタイルシートやjavascriptなどを読み込みます。

親テーマからCSSを読み込むコード

<?php // 親テーマからcssを読み込む
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css',
        array('parent-style')
    );
}

 

これで親テーマの「style.css」を読み込みます。
子テーマの「style.css」は親テーマを上書きするので、変更したい箇所や追加したい部分だけ子テーマに設定すればサイトに反映されていきます。

 

参照:「WordPress Codex 日本語版」https://wpdocs.osdn.jp/子テーマ

 

つくった子テーマにサムネイル画像を設定する方法はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする