EC-cube3.0.8★ロリポップで独自ドメインを使うときの設定方法

Eccube3

EC-cube 3.0.8でロリポップの独自ドメインを使うと画面が表示されなくなったときの対処法

ロリポップにショップを構築した後で、
独自ドメインを取得して割り当てたときに
サイトが表示されなくなってしまったときの対処法。

自分のロリポップアドレスからはちゃんと表示されるが、
新たに設定した独自ドメインからは表示されない or レイアウトと文字がバグりまくり。。。。
CSSが切れてたような変な表示になりました。

<状況>
・EC-cubeのバージョンは3.0.8
・インストール時にSSLの強制をチェックしていた
・サイトURLから「html」を消す処理をしている 

<対処法>

  1. SSL接続されているか確認。

    ロリポップでは独自ドメインでSSL接続するためにはオプションで用意されている「独自SSL」を申し込まないとSSL接続されない。一番安いタイプでOKなので、申し込んでいない場合はコントロールパネルから「独自SSL」を選び、申し込み手続きをすること。ロリポップにも直接問い合わせてみたけれど、これ以外に方法はないとのこと。余分な出費は痛いけど、グーグルでもSSL接続は推奨されているし、ネットショップの場合はしかない。。。 
     

独自ドメインのネームサーバーの設定をチェック。1〜2日待ってみる。

ロリポップの場合
ネームサーバーは下記の通り
uns01.lolipop.jp プライマリ
uns02.lolipop.jp セカンダリ

 

  1. path.ymlの書き換えをチェック!
    「app」>「config」>「eccube」>「path.yml」 
    書き換える前にコピーを取っておくこと。

    「path.yml」 ファイル内で
    独自ドメインを設定するときに指定したフォルダ名を削除していく。

    「/test」 を公開(アップロード)フォルダとした場合

    例)「tpl: /test/html/user_data/packages/default/ 」を
      「tpl: /html/user_data/packages/default/」 
     先頭の公開フォルダ名「/test」を削除する。
     ただし、「/home〜」から始まるフルパスが記載されている箇所はそのままにしておく。

修正する箇所は下記の通り。全部で9カ所。

3行目  tpl:
4行目  admin_tpl: 
5行目  image_path:
7行目  root_urlpath:
26行目 admin_urlpath:
27行目 front_urlpath:
28行目 image_save_urlpath: 
29行目 image_temp_urlpath: 
30行目  user_data_urlpath: 

 
この方法で、バッチリ独自ドメインから表示され、管理画面にもログイン出来ました!!

よくよく考えてみると、独自ドメインのルートフォルダに「test」を指定しているので、「paht.yml」でわざわざルートディレクトリ名を記述する必要がないということかな。
こちらにも同様のコメントがのっていたのでひとまず安心。
参照:http://yesppp.me/?p=2069 
ECCUBE3のドメイン設定方法 2016年5月15日
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする