jQueryでウィンドウサイズによって読み込む画像を切り替える

JQuery logo

サイトデザインの確認のために、
全体を一枚のJPGで書き出してサクッとブラウザで確認してもらいたい時に
ブラウザの幅を広げると大きな画像に、狭めると別に用意した小さな画像を表示させたい!

HTMLだけでは画像の差し替えは出来ないし、
CSS のbackground-imageとメディアクエリでやってみたけどうまくいかない。
長ーーーい縦スクロークがうまく表示されないのだ。 

 いつものようにググってみると、
jQueryで実現出来るらしい。

■設置手順

まずはじめに、画像を用意。
画像ファイルは末尾に_spと_pcのついた2種類を用意して、マークアップ時には_spを記述しておく。

ってことは、○○○_sp.jpgと○○○_pc.jpgの画像を用意して、
HTMLには、spの方だけ書いておくのね。

<HTMLの記述>

<img src="image_sp.png" alt="" class="js-image-switch">

 画像を切り替えるためのスクリプトはこれ。

$(function() { 
// 置換の対象とするclass属性。
 var $elem = $('.js-image-switch'); 
// 置換の対象とするsrc属性の末尾の文字列。 
 var sp = '_sp.'; 
 var pc = '_pc.'; 

// 画像を切り替えるウィンドウサイズ。
 var replaceWidth = 768; 

function imageSwitch() { 
// ウィンドウサイズを取得する。
 var windowWidth = parseInt($(window).width()); 

// ページ内にあるすべての`.js-image-switch`に適応される。
 $elem.each(function() {
 var $this = $(this); 
 // ウィンドウサイズが768px以上であれば_spを_pcに置換する。
 if(windowWidth >= replaceWidth) { 
 $this.attr('src', $this.attr('src').replace(sp, pc));

 // ウィンドウサイズが768px未満であれば_pcを_spに置換する。
 } else { 
 $this.attr('src', $this.attr('src').replace(pc, sp)); 
 } 
 });
 }
 imageSwitch(); 

// 動的なリサイズは操作後0.2秒経ってから処理を実行する。
 var resizeTimer;
 $(window).on('resize', function() { 
clearTimeout(resizeTimer); 
resizeTimer = setTimeout(function() {
 imageSwitch();
 }, 200); 
 }); 
});

 

このスクリプトはHTMLファイルの中の<head></head>の間に<script></script>で囲って記述。

サーバーにアップして、ページを確認するとバッチリ!!思った通りの動きです。
下記ページで公開しているスクリプトを使わせていただきました。
解説もくわしく載っているので、とってもわかりやすかったですよ。
TAM inc.様に感謝! 

参照:http://www.tam-tam.co.jp/tipsnote/javascript/post8851.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする