「table」について調べてみた 【HTML5編】

HTML5CSS3.gif
サイトのコーディングはCoda2を愛用中。
Emmetで「table」とタイプしてから「Control」+「E」で展開。
すると、下記のようなコードを自動で展開してくれます。

<table>
	<caption></caption>
	<thead>
		<tr>
			<th></th>
		</tr>
	</thead>
	<tfoot>
		<tr>
			<td></td>
		</tr>
	</tfoot>
	<tbody>
		<tr>
			<td></td>
		</tr>
	</tbody>
</table>

<表示>

テーブルのキャプション
thead 見出し
tfootの内容
tbodyの内容

●<tfoot>〜</tfoot>までは<tbody>の前に記述がありますが、ブラウザ上ではテーブルの最下部に表示されます。
・<thead>と<tfoot>…一つのテーブルにひとつだけ
・<tbody>…ひとつのテーブルに複数設定OK

●セルを合体させる←HTMLで設定
・横のセルを合体…「colspan”(数字)”」
・縦のセルを合体…「rowspan”(数字)”」

●見出しセルの位置を設定
・scoep属性をつかう
 こちらのサイトで図解入りでとてもわかりやすく説明しています。
参照:http://honttoni.blog74.fc2.com/blog-entry-256.html

●セル同士の間隔←CSSで設定
・「border-collapse: collapse;」

CSSでのテーブルの装飾は、下記のサイトでサンプル付きでコードを公開していました。
参照:http://webworkersclip.com/2875/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする